2016年2月23日火曜日

教育動向: 2016年大統領選候補者の教育政策-バニー・サンダース(民主党)

アメリカの教育動向(久原みな子)

 今年11月8日に予定されている大統領選挙を前に、民主党・共和党各党内での候補者の教育歴と教育政策を紹介するシリーズ第2回。今回は、選挙運動に勢いがつき、ヒラリー・クリントン候補に並ぶ人気となってきたバーニー・サンダース(Bernie Sanders)を紹介する。
 
Bernie Sanders

 バーニー・サンダースは、1941年ポーランド系ユダヤ人の子どもとしてニューヨーク、ブルックリンに生まれた。地元の高校では陸上選手として活躍、その後バーナード・カレッジを経てシカゴ大学で政治学を学び1964年に卒業した。シカゴ大学学生時代は、公民権動と反戦運動の活動家であり、大学内での抗議活動を指揮し、またマーティン・ルーサー・キング・ジュニアが演説をしたワシントン大行進にも参加した。大学卒業後、イスラエルのキブツでのボランティアに参加、帰国後結婚し(のちに離婚)バーモントに移住、社会主義政党からバーモント州知事選、バーモント州上院議員選などに出馬するが落選し、大工や映画製作をするなどして暮らしていた。1980年代は同州バーリントン市長を2期つとめた。自ら民主社会主義者と名乗り、無所属で1988年から下院議員、上院議員として活躍しているが、現在は民主党会派を組み、大統領選には民主党から出馬している。
 
 サンダースの選挙活動は「信じられる未来 (A Future to Believe in)」をモットーに、格差是正を大きな政策に掲げている。教育政策では、オバマ政権とも部分的に重複する、高等教育の無償化が最大の政策である。その他、就学前教育の充実、教育機会の均等、教員の待遇改善(給与改善、テニュアの拡大、組合運動への支援など)を掲げている。
 
 プライベートでは最初の結婚後に生まれたサンダースの息子と、再婚相手であり元バーリントン・カレッジの学長であるジェーン・オメアラ・サンダースの連れ子3人の4人の子どもがいる。兄は英国緑の党のスポークスマンである。
 
 
  • Bernie Sanders 選挙キャンペーンHP:  https://berniesanders.com/about/
  • Jason Horowitz. “Bernie Sanders’s ‘100% Brooklyn’ Roots Are as Unshakable as His Accent.” New York Times, 2015/07/24.
  • Tim Murphy. “Here's What Bernie Sanders Actually Did in the Civil Rights Movement.” Mather Jones, 2016/02/11.
  • Will Ripley. “How did a socialist kibbutz influence Bernie Sanders?” CNN, 2016/02/10.
  • Alyson Klein. “Bernie Sanders and Education: Five Facts to Know Before the Iowa Caucuses.” Education Week, 2016/01/27.
  • AFT(American Federation of Teachers). “Candidate questionnaire: Bernie Sanders.”

2016年2月9日火曜日

教育動向: 2016年大統領選候補者の教育政策-ドナルド・トランプ(共和党)

アメリカの教育動向(久原みな子)

 今年11月8日に予定されている大統領選挙に向け、年明けから民主党・共和党各党内での候補者を選出する予備選挙が始まっている。これから何回かに分けて各党候補者の教育政策と経歴を中心にお伝えする。今回は、問題発言で注目を集めながら共和党内で支持率トップを走り続けてきた億万長者、ドナルド・トランプ(Donald John Trump)である。

THE SPIRIT OF DONALD TRUMP /L'INSPIRATION DE DONALD TRUMP

1946年ニューヨーク生まれのトランプは、ニューヨークの名門寄宿学校で学んだ後、フォーダム大学とペンシルバニア大学で学び、さらにペンシルバニア大学のビジネススクールでMBAを取得。ニューヨーク市での不動産開発を手がけていた父の事業を継ぎ、トランプ・プラザやトランプ・タワーなど、自らの名前をつけた不動産を開発して巨額の富を築き、その資産は90億ドルにも及ぶとされる。またテレビ出演や書籍の執筆も行っている。選挙活動のスローガンは「Make America Great Again! (再び偉大なアメリカを!)」である。

 トランプの教育政策は、共和党の方針とほぼ変わりない。連邦教育省の権限は縮小すべきだとし、連邦政府主導のコモン・コアには反対で、ジェブ・ブッシュなどコモン・コア賛成派の他の共和党候補を度々批判している。また、競争原理を信奉しており、学校選択やバウチャー制度、チャータースクールなどには賛成である。また、トランプ自身が、営利目的の「トランプ大学」(実際には大学として未認可で教育の質にも問題があり訴訟が起こっている)を経営しており、営利目的の学校に対しては規制を緩めるのではないかと考えられる。私生活では、3度結婚し、5人の子どもがいる。


2016年2月8日月曜日

ご寄付のお願い

 信州大学比較教育学研究室では、教育・研究環境の充実のために、皆様からのご寄付を募っています。研究室が独自財源を持つことで、挑戦的な取り組みをさらに進めやすくなりますので、ご支援をよろしくお願いします。

寄付の方法は以下の2通りがあります。

  A. 研究室の口座へ直接振込む方法 (概ね3000円未満の場合―すぐできる)
  B. 大学を通じて寄付する方法 (概ね3000円以上の場合―少しお得)



A. 研究室の口座へ直接振り込む方法 (すぐできる)


 概ね3000円未満の寄付は、以下の手順で研究室の口座に直接お振込みください。

 ステップ1  以下のフォームから、寄付のお申し込みをお願いします。
 
 
 ステップ2  フォームにご入力いただいたメール宛に自動返信で振込口座をご案内します。
 
 ステップ3  金融機関の窓口やインターネット等でお振込みをお願いします。
 
 
 
 

B. 大学を通じて寄付する方法 (少しお得)

 
 概ね3000円以上の寄付は、税制上の優遇措置が受けられますので、以下の手順でご寄付をお願いします。
 
 ステップ1  以下のフォームから寄付のお申し込みをお願いします。
  • 「寄付受入先」は「教育学部」を選択、「研究責任者氏名」欄には「比較教育学研究室」とご入力ください。 
          
 ステップ2  お申込みいただいてから約2週間で振込依頼書が郵送されます。
 
 ステップ3  お近くの金融機関にて寄付金の納入をお願いします。
 
 
 
 参考: 税制上の優遇措置 (寄付金の控除)
 
 寄付額から2000円を差し引いた金額の4割が所得税額から控除されます。
 例: 25歳教員(年収約380万円)の場合、2万円のご寄付で7200円が税額から控除されます。